フック一つで部屋を綺麗に!壁を利用した整頓法

壁掛けフックがもたらす可能性

ホームセンターや100円ショップで販売されている各種の壁掛けフック。大きさも手頃な上最近では粘着テープの耐久性や強さも向上してきており、より大きく重いアイテムを長時間掛けられる様になっています。もちろん家庭内での整頓目的でも人気が高く、必須収納アイテムとなっているのです。ただむやみやたらとフックを貼り付けるのはセンスが無さ過ぎますよね。適材適所、目的や利便性を考慮したスタイリッシュな整頓を心掛けたいものです。

最重要ポイントとなるキッチン用

壁掛けフックの活用で最も整理と利便性が見込めるのがキッチンでしょう。キッチンは調理器具等を乱雑に放置しておくだけのスペースが無く、それだけで調理や後片付けの邪魔となってしまうもの。だからと言って利便性を考慮しない適当な収納では、器具を探し回っているうちに再び配置が乱雑に戻ってしまいます。特に棚やトレイ内に整理すると、どうしても中が見難くなり目的の用具が中々見つからないケースがありますよね。こんな時に視覚的に見つけ易く利便性が高いのが壁掛けフックなのです。キッチンの壁面に適度な大きさのフックを貼り付け、頻繁に利用するキッチン用具を掛けておくだけで大きく利便性が向上します。貼り付け方法には防水テープと吸盤の2タイプがありますが、適宜貼り付け位置を変更出来る吸盤タイプに若干の利があります。

子供部屋の整理にも役に立つ

子供部屋もまた、乱雑になり易い部屋の一つでしょう。普段から整理整頓に無頓着な子供の場合、学校や遊びから帰宅しても用具や服を散らかしたままというケースは良く目に付くものです。子供に整理整頓の癖を躾ける事も重要ですが、先ずは子供でも片付け易い部屋の環境を整えてあげる事も重要。その際、誰でも簡単に整頓に利用出来る大きめの壁掛けフックが有難味を増してきます。大きめの遊具やスポーツ用具、帽子等、そのまま床に置いておけば邪魔になるアイテムでもフックを利用し壁に掛けてしまえば部屋の見栄えも良くなり、またそれらに躓いて怪我をするリスクも減るというもの。壁掛けフックの利点は想像以上に大きなものなのです。

物品をぶら下げるために使用するフックは一般的に頑丈な材質で作られている物ほどより重い物を扱うことが可能になります。そのため、使用する際には材質を確認したうえで適切に扱うように心がけます。