縁の下の力持ち!ネジは生活には欠かすことができない!

ネジには色々な種類があります

ネジには色々な種類があるので、使用目的によって使い分けることがあるでしょう。一般的にネジの種類プラスとマイナスですが、それだけではありませんよ。ネジには形も色々な形があり、小皿ネジ・丸皿小ネジ・トラス小ネジ・ドリルビス・木ネジ・バインド小ネジなど沢山の種類があって、大工などの建築をしている専門業者のみしか取り扱わないネジもあります。また、ネジの長さも色々な長さがあって、使用目的にあったネジの長さを選択します。

建築現場にも多くのネジが使われています

大工・建築・車両・電気部品などに多く使用しているネジに使われているネジがタッピングネジです。タッピングネジは鉄板を留めるときに使われる場合が多いですね。また、建築現場で使用されるネジには、木ネジがあります。中には珍しいネジもあります。止めネジというネジはネジの先端のみを使って作られているネジで、通常のネジと違って機械部品の動きを止めるために使われるネジになります。また、内装に使う内装ビスは万能ビスと言い、タイルなどに使われています。

ネジには世界共通の規格があります。

生活をしている環境の中には様々なネジが使われています。このように多くのネジを使わないと生活ができませんよね。ネジには外装と内装・素材に合わせたネジを使用することで、全ての製品が丈夫にできています。モノづくりをするときに使用するネジは、使用目的に合った規格のネジを使用することが必要です。ネジに関する規格と聞くと難しいようですね。ですが、ネジの規格ISO規格に基づいて作成してあります。この、ISO規格は国際的な規格なので、世界共通の規格になっています。

ねじには様々なサイズが有ります。そして用途に応じて使い分けます。ねじの販売をしているホームセンターでそれらは手にはいります。